シリカ水を飲めば貧血になりにくい?その理由について解説!

シリカ水を飲めば貧血になりにくい?その理由について解説!

貧血に悩む女性は多く、20代〜40代の女性の半数以上は貧血(鉄欠乏症)であると言われています。

貧血の人は、鉄分やミネラル成分が不足気味であることが多く、貧血予防のためにミネラル成分が多いお水を飲んでいるという人もいるでしょう。

でも、慢性的な貧血の人は、お水だけで治すのはちょっと難しいです。ただ、貧血予防やちょっとでも貧血をよくしたい人は、シリカ水を飲むのがおすすめです。

今回は、貧血の人になぜシリカ水がおすすめなのか、その理由と期待される効果について解説します。

目次

貧血になる人が足りていない栄養をシリカ水で補給できるって本当なの?

女性に多い貧血やかくれ貧血。

その理由として、女性は人生の長い期間を通して生理があることや、出産時の大量出血、また無理なダイエットをしすぎるなどが挙げられ、貧血で悩む人が多いと言われています。

貧血になる人が足りていない栄養素は、鉄分です。

貧血の時の体は、血液の中の赤血球に含まれるヘモグロビンが減少して、体内が酸欠状態になっています。

しかも、女性の場合、鉄分は毎月の生理や日々の汗などの排泄物などから月に40mgもの鉄分を失っているのです。

不足した鉄分は、口から補うしかありません。

貧血予防のためにも、レバーやほうれん草などを積極的に食べつつ、日頃の食事でも鉄分の多いものをチョイスするように心がけましょう。

また、ミネラル成分をしっかり吸収できるシリカ水を飲むことも貧血予防にはおすすめです。

貧血対策でシリカ水を飲むならどれくらい飲めば良い?

私たちの体を健康に保つためには、ミネラル成分の摂取が欠かせません。

ところで、貧血予防や貧血対策のために、シリカ水でミネラル成分を補給しようとするのであれば、1日にどのくらいの量のシリカ水を飲めばいいのでしょうか。

シリカ水で貧血予防をしようと思うのであれば、ケイ素が1日40g必要になります。

シリカ水の中でものむシリカは、シリカ(ケイ素)が1リットルに97mg入っていますので、500mlのペットボトルを1日に1本飲めばよいです。とても手軽な貧血予防法ですよね。

シリカは体内で生成できないため、外から摂取することが必須ですが、のむシリカだったらお水として摂取できるのでとても効率が良いです。

貧血で悩む人におすすめの食べ物は?

貧血で悩む人は、まず普段の食生活を見直すことがとても大切です。

そのためには、鉄分の摂取が欠かせません。

鉄分は、成人男性では7.5mg、生理のある女性では10.5mg、生理のない女性では6.5mgの摂取を推奨されています。

そこで、貧血対策になる食品をご紹介します。

■ヘム鉄を多く含む食品について

  • レバー(鶏レバーの場合50g中 4.5mg)
  • カツオ(生のカツオ50g中1mg)
  • 豆乳(200g中2.4mg)
  • 春菊(75g中 0.9mg)
  • ひじき(茹でたもの50g中1.4mg)
  • ほうれん草(茹でたもの75g中 0.7mg)

また、鉄分の吸収をサポートするビタミンCの摂取も大切です。

ビタミンCは、果物や緑黄色野菜に多く含まれていますので、ヘム鉄を多く含む食品と一緒に食べると、より貧血対策効果が期待できます。

貧血対策+のむシリカで体調を整えよう

貧血対策のためには、食生活から変えていくことが大切です。

男性はもちろん、女性はとくに鉄分はじめミネラル成分を意識的に摂取していくことが、体調を整えるためにも大切になります。

さらに、貧血対策のためには、普段飲むお水にもこだわってミネラル成分を豊富に摂取できるシリカ水を飲んでみるのもおすすめです。

シリカ水を飲むなら、シリカが1L中97mg含まれている のむシリカだと、1日1本で貧血対策に効果が期待できます。

現代人は慢性的なシリカ不足とも言われていますので、この機会にのむシリカを定期的に飲んでみることをおすすめします!

500ml×24本ののむシリカが通常4,500円(税込)のところ定期便なら3,600円(税込)で購入できます。

  • URLをコピーしました!
目次