のむシリカは硬水と軟水どっちなの?飲みやすさはどんな感じ?

のむシリカは硬水と軟水どっちなの?飲みやすさはどんな感じ?

のむシリカは、美容と健康に良いといわれるシリカが入っていることで知られています。

シリカとは、ミネラル成分であるケイ素のこと。

医療先進国のドイツでも、ケイ素のサプリは上位を占めており、からだにとって大切な成分であることがわかります。

そもそもシリカは人間の体で作ることができない成分で、お肌や髪、骨などによい作用が期待できることから一気に話題になりました。

毎日飲むお水で、美容と健康に良かったら嬉しいですよね。

しかも、のむシリカは、硬水と軟水の間である中硬水。

硬水はちょっと飲みにくいし、軟水は物足りない……という人にオススメしたい中硬水は、からだにスーッと染み入るように入っていく感じで、サラサラ飲めます。

体に良い成分+おいしくて飲みやすい中硬水ののむシリカについて詳しく解説します。

目次

のむシリカは中硬水で飲みやすい!

のむシリカは中硬水なので非常に飲みやすいシリカ水です。

ミネラル成分が豊富なお水を飲むと、からだにも美容にもよいというので飲んでみたいけれど、味にクセがあるのではないかな……と心配な人もいますよね。

一般的に、ミネラル成分が多く含まれる硬水が苦手で、軟水だと飲みやすいと思っている人は多いです。

でも、のむシリカは、ミネラル成分を豊富に含みつつ、中硬水というカテゴリーのお水です。

中硬水であるのむシリカは、硬水よりもイオン含有量が少ないので、飲みやすくなっています。

中硬水のお水は、硬水のようにクセのある味ではなく、さらりと飲みやすい味!

硬水は飲めないけど、のむシリカなら飲める!と思う人が多いのも納得です。

500ml×24本ののむシリカが通常4,500円(税込)のところ定期便なら3,600円(税込)で購入できます。

硬水・軟水・中硬水の違いを比較!

お水には、カルシウム・マグネシウム・イオンなどが含まれています。お水1Lあたりに含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量で、硬水・軟水などに分類される仕組みです。

カルシウムとマグネシウムの量が多いと言われるお水は硬水に、少ないと軟水になるのですが、硬水と軟水の中間になるのが、中硬水。のむシリカは、中硬水に分類されます。

中硬水であるのむシリカは、シリカはじめマグネシウム・カルシウムなどのミネラル成分を含有しているので、お水を飲むことで効率よくミネラル成分を摂取できるというわけです。

私たちにとって、ミネラル成分は欠かせない栄養素の一つ。しかも、体内で生成することができない成分も多いため、食事から摂取するのも大変です。

だからこそお水を飲むだけで効率よくミネラル成分を摂取することができたら、理想的ですよね。

WHO(世界保健機関)が出している基準での計算方法

WHO(世界保健機関)の基準では、お水の硬度は次のように計算されます。

お水の硬度=(カルシウムの量×2.5)+(マグネシウムの量×4.1)

硬度の数値で、次のようにお水の種類が分類されます。

  • 軟水:硬度が0~60mg/l 未満
  • 中程度の軟水:60mg~120mg/l 未満
  • 硬水:120mg~180mg/l 未満
  • 非常な硬水:180mg/l以上

日本のお水は軟水が多く、ヨーロッパのお水は硬水が多いと言われています。これは、ヨーロッパと日本の地形や地質の違いも関係しています。

ヨーロッパの地形や地質

  • ミネラル成分が多い石灰岩が多い
  • お水がゆっくり浸透して、ミネラル成分がゆっくり浸透して濾過される
  • ミネラル豊富なお水になる

日本は水の浸透が速い花崗岩(かこうがん)が多い

  • お水が浸透されずにさっと濾過される
  • ミネラル成分の少ない軟水が多い

硬水・軟水・中硬水は味はどう違うの?

お水の硬水・軟水・中硬水、それぞれ成分が違うので、味も違います。

ヨーロッパの硬水は、ミネラル成分が豊富に摂取できるとして度々話題になりますが、飲みにくくて苦手と思っている人も多いですよね。

一般的に、硬水は飲みにくく、軟水は飲みやすいと言われますが、味の違いは以下のようなことが挙げられます。

  • (硬水)カルシウムとマグネシウムの濃度が高い=飲みにくい
  • (軟水)カルシウムとマグネシウムの濃度が低い=飲みやすい

日本のお水は軟水が多いので、軟水の方が馴染みもあり、飲みやすいと感じる人が多いです。

中硬水は、軟水と硬水の間にあたるお水で、硬水よりもかなり飲みやすいです。

ミネラル成分を摂りたいけど、硬水は飲みにくい……という人は、中硬水のお水がおすすめです。

硬水と鉱水の違いは?

硬水と鉱水は一緒?と思っている人も多いですよね。

しかし、硬水と鉱水は読み方は同じでも、成分的には全くの別物です。

鉱水とは、地下水を取水したもので、成分的には溶存鉱物質など鉱物成分を多く含んでいるお水のこと。

鉱水は、お水そのものの種類の1つなのですが、硬水は、お水の硬度によって分類されたものですので、鉱水と硬水は全くの別物です。

硬水が苦手な人でも大丈夫!中硬水ののむシリカを飲んでみよう!

ミネラル成分は摂りたいけど硬水が苦手……という人は、ミネラル成分が含まれていても飲みやすい中硬水ののむシリカを飲んでみてください。

のむシリカは、人工的にミネラル成分を混ぜたお水ではなく、天然のシリカはじめ、マグネシウム・カルシウムなどのミネラル成分を豊富に含んだナチュラルミネラルウォーターです。

しかも、美肌や健やかな髪の毛、骨のために役立つというシリカを、1Lあたりに97mgも含んでいます。このシリカ含有量は、業界トップレベル!

毎日飲むお水で、効率よくシリカを摂取することができるので、手軽にシリカ_マグネシウム・カルシウムなどのミネラル成分の補給ができますよ。

しかも、のむシリカは通販によくある購入縛りがないので1回だけの購入もOK。気軽に申し込みができます。

今なら、公式サイトからの申し込みで通常価格より20%オフになる定期便の利用ができます。

定期便といっても、1回だけの注文もOK。公式サイトだったら気軽にお安く申し込むことができるので、まずはお試しで注文してみるのもおすすめです。

500ml×24本ののむシリカが通常4,500円(税込)のところ定期便なら3,600円(税込)で購入できます。

  • URLをコピーしました!
目次