飲むシリカはエビアンに似てる?何が違うのかを解説します

飲むシリカはエビアンに似てる?何が違うのかを解説します

硬水のお水といえばエビアンを思い浮かべる人が多いですよね。エビアンは、コンビニや100円ショップにも置いているので飲んだことがある人も多いと思いますが、飲みにくいなと感じる人も多いです。

一方、美容や健康によいことで知られるシリカ水は中硬水なので、エビアンとシリカ水はお水の種類が違います。

「中硬水」というのは、硬水と軟水のちょうど中間にあたり、硬水よりもずっと飲みやすいです。

そこで、硬水の代表格とも言えるエビアンと、硬水と間違えられやすいシリカ水を飲んで比較してみました。

結論から言うと、ミネラル成分や体に必要だと言われるシリカを摂取できるので、のむシリカの方がおすすめです。

味も、のむシリカの方が中硬水だから、硬水よりもはるかに飲みやすいですよ!

目次

エビアンとのむシリカは全くの別物!硬水と中硬水の違いについて

お水の種類は、硬度によって分類されます。

お水の硬度の分類としては、WHO(世界保健機関)の定義として以下のようになっています。

超硬水お水1Lあたりに含まれる硬度が180mg/L以上
硬水お水1Lあたりに含まれる硬度が120~180mg/L
中硬水お水1Lあたりに含まれる硬度が60~120mg/L
軟水お水1Lあたりに含まれる硬度が60mg/L以下

お水の硬度は、お水1Lあたりに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量で決まります。また、硬度は採水地によっても変化します。

一般的には、ヨーロッパの水は硬水で、日本の水は軟水が多いと言われていますが、これには以下のような理由があります。

  • ヨーロッパは石灰岩を中心とした地層で、山〜海までの傾斜がゆるやか
  • 日本では花崗岩が多く、山〜海までの傾斜が急な地形

日本の花崗岩はお水の浸透が早く、さっとろ過されるので、ミネラル成分の浸透が少ない軟水になるのですが、ヨーロッパの石灰岩はろ過の速度も遅いため、ミネラル成分が豊富に吸収されるのです。

コンビニなどでもおなじみのエビアンは、硬水です。

エビアンは、フランス産のお水で世界中で購入できるお水として知られていますが、鉱泉水なので独特の苦味があります。

しかも硬度は、304mg/Lと非常に高く、WHOの定義では超硬水に分類されるため、かなり飲みにくいと感じる人が多いです。

一方のむシリカの硬度は130mg/Lなので、エビアンと比べるとかなり飲みやすく感じます。

お水の分類を見てものむシリカは中硬水にあたるので、エビアンとのむシリカはお水の種類が全く違う別物だといえます。

味が飲みやすいのはのむシリカ?まずは硬水の飲みにくさを知ろう

硬水と中硬水の味を比べてみると、硬水は口当たりが重く感じて、苦味を感じる人も多いです。

エビアンを飲んだ時鉄の味がした!と言う人もいるほど独特の味わいがあり、「硬水のエビアンは飲みにくく苦手」という口コミ・感想が多い傾向にあります。

一方、中硬水ののむシリカは、日本人にとって飲みやすい軟水と硬水のちょうど中間のお水になるので、硬水と比べるととても飲みやすく感じます。

まずは硬水の飲みにくさを体験してみるためにも、エビアンを飲んでみてください。エビアンは、コンビニ・100円ショップ、ドンキ、スーパーでも簡単に買うことができますよ。

やっぱりエビアンは飲みにくい?飲むシリカが優れている3つの理由

私は普段軟水のお水に慣れているので、エビアンを飲んだ時は正直「まず!」と思ってしまいました。

そこで、最近話題ののむシリカを試してみたのですが、毎日飲むお水としては絶対にのむシリカの方がいいと思いました。

エビアンと比べると、のむシリカの方が美味しいです。

そして、成分的にものむシリカの方が優れていることがわかったのですが、具体的にエビアンよりのむシリカがいいと思った主な理由は次の3つになります。

硬度が高すぎると熱した時に白いものが付着することがある

硬度が高すぎるお水は、水中のミネラル成分が多すぎて、熱した時に白いものが付着することがあります。

これは、スケールと呼ばれるもので、水中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分が付着してしまう現象のことです。

具体的には、電気ポットややかん、加湿器などに硬水を入れて加熱してしまうと、白いスケールが付着してしまい、日常使いのお水としては不向きかなと思ってしまいます。

硬水よりも飲みやすい硬水が中硬水

エビアンなどの硬水は、飲んだ時にやっぱり美味しくないと感じてしまうのですが、のむシリカは中硬水といえども、かなり飲みやすさを感じます。

中硬水であるのむシリカは、硬水が飲みやすくなったイメージです。

飲んだ時の感覚として、お水がサラサラと体に入っていくので、お水を飲むのが苦になりません。

「飲みやすい=たくさん飲める」から結局は中硬水が良い

私たちが生きていく上で、ミネラル成分を摂ることは欠かせません。

しかし、カルシウムやマグネシウムの含有量にこだわりすぎて硬水を選んでも、飲みづらかったらお水を飲み続けることは難しいです。

それよりも、飲みやすくて毎日飲み続けられる方が、水分摂取としてもミネラル成分の摂取としても体には良いですよね。

中硬水であるのむシリカは、「硬水」と言う名前がついていますが、日本人に馴染みがあって飲みやすい軟水のお水に近いです。そのまま飲んでも飲みやすく、子どもや高齢の方などでも美味しく飲めるので、家族全員で飲むお水としてもおすすめできます。

しかも、のむシリカは私たちが生きていく上で必須の成分であるシリカ(ケイ素)を豊富に含んでいることから、美容や健康を意識している人たちからの指示が厚いのも納得です。

のむシリカは、シリカ以外にも炭酸水素イオンが1Lあたり170mg、バナジウムが1Lあたり34μgも含まれているなど、体にとって嬉しいミネラル成分が豊富に含まれています。

結局、毎日飲むお水として適しているのは、飲みやすさとミネラル量のバランスが良い中硬水だと言えるでしょう。

  • URLをコピーしました!
目次